リーダーとして成功するのに重要な資質
目次
時間価値
年金
永久年金
金利の種類
一様でないキャッシュフローの未来の価値
確率分布
標準偏差
CAPM - 資本資産評価モデル
証券市場線
債権評価
株評価
資本コスト
バランスシート
資本予算
アメリカの給料
検疫所使用
映画館
免責条項

アメリカの犯罪
2004 2003 2002 2001 2000 1999

自分のビジネス
ビジネスを始める際の経費
広告
自分の外観
ビジネス・プランを立てる
マーケティング・プランの立て方 −市場分析
マーケティング・プランの立て方 −現状報告
マーケティング・プランの立て方 − 要約
マーケティング・プランの立て方 −概要
ダイレクトメール
対立の解決方法
将来を卵ェする
-戦略的経営思考
リーダーとして成功するのに重要な資質
報道関係者用資料
自分に合った宣伝方法の選び方
言葉を使わないコミュニケーション


TeachMeFinance.com / Japanese

リーダーとして成功するのに重要な資質




リーダーとして成功するのに重要な資質

    過去数年間で、心理学がビジネスの分野で貢献をした最も重要な一例として、世間一般に認められているリーダーたちの特質を心理学者が見極めた点があげられます。この特質を理解することにより、マネージャーが洞察力を得たり、リーダーシップのスキルを身に つけたりするような訓練を施すことができます。

    ビジネス環境が急速に変化することにより、新しいリーダーシップが強調されるようになりました。今までは物事を進めるのに、マネージャーは現状を維持するように期待さていました。しかし市場の新しい推進力により、このような狭い視野を広げる必要が生じたのです。明日の新しいリーダーたちは、洞察力を持っています。人を教えるだけでなく、人から学ぶことができ、社会の変化を予測するだけでなく、組織において道徳観を持って、 より誠実になるよう努力をしています。

     個人の評価という分野では先駆者であるレイモンド・カッテルは、1954年にリーダーシップの潜在能力を測る方程式を作りました。この方程式は軍のリーダーの研究に基づいていますが、今日では効果的に物事を扱えるリーダーの特質を見極めるのに、使われて います。

    効果的なリーダーの特質

    • 感情の安定性―良いリーダーは、欲求不満やストレスに耐えられるようでなければいけません。全般的に、リーダーは適応性を持ち、精神的に大人であることが要求されています。

    • 支配力−リーダーはしばしば競争力があり、決断力を持っています。また喜んで障害を乗り越えます。全般的に物の考え方や他人への態度は、断固としています。

    • 熱心さ−リーダーは普通活動的で、表現力が豊かで、エネルギッシュです。仕事は速いけれども、注意を怠らず、あまり物事に拘束されることはありません。

    • 道徳心−リーダーは義務感を持ち、厳格です。通常物事に対し、非常に高い基準を持っており、心の中で最善を尽くしたいと思っています。

    • 大胆さ−リーダーは危険を冒すことを恐れません。とても積極的で、精神的にとてもタフです。

    • 現実的−良いリーダーは実践的かつ論理的で、要領を得ています。感傷的になることはあまりなく、批判に対してもうまく対応することができます。困難にも進んで立ち向かい、かつ冷静です。

    • 自信−自信と快活さは、リーダーに共通する資質です。また罪の意識に捕らわれることなく、他人からの承認を必要としません。誤りや失敗などでくじけることはありません。

    • 強制力−リーダーは社会との関わり合いに支配され、それに対し細心の注意を払います。誠実さや評判を保とうとし、とても注意深く決定を下したり、特定の行動を決めたりします。

    これらの基本的資質に加え、今日では他人に動機付けをしたり、新しい方向に導くよう な特質を持っていなくてはいけません。例えば、

    • エネルギー長時間労働や出張をすることは、会社が大きくなるにつれて、リーダーとし ては当然のことです。いつも注意を怠らず、集中していることが大切です。

    • 直感力―目まぐるしく変わっていく今日の世界では、全てを知ることは不可能です。言い換えると、推論や論理だけで全ての状況に対処することはできません。事実、ますま す多くのリーダーたちは、決定を下す際直感に頼るようになってきています。

    • 成熟さー良いリーダーになるためには、個人の力や評価は社員の育成の次に考えなければなりません。成熟さとは、他人を支配することではなく、他人に権利を与えること により、さらに多くのことが達成されるのだということを認識することです。

    • チーム志向―今日のビジネス・リーダーは、チームワークに重きを置きます。社員との 間に上下関係を作るのではなく、対等で結束を強める関係を築きます。

    • 感情移入―他人の立場に立って物事を考えることが、今日とても重要です。感情移入なしに、信頼を築くことはできません。そして信頼なくして、社員に最善の努力をさせ ることは決してできません。

    • カリスマ性―人々はリーダーを、実際より偉大に見なしています。カリスマ性を持った リーダーは、社員をまとめ、とりこにするようなビジョンを定めて、社員に強い感情を 引き起こさせることができます。

    個人の性質を理解することにより、誰がリーダーにふさわしいかを知ることができます。 しかし覚えておきたいことは、リーダーは生まれてくるものではなく、育てることができるという点 です。そしてリーダーを育てるプロセスでは、周囲の状況と粘り強さが重要な要素になります。です からもしリーダーになることが自分の目標であるなら、自分に欠けている資質を補い、強化しましょ う。誰でも自分の望むことなら、何でもできるということを覚えておきましょう。


    Copyright © 2005 by マーク・マクラケン, All Rights Reserved. TeachMeFinance.comのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。免責条項を読んでください。